健康

1日2杯で勃起障害リスク半減!コーヒーが体に与える意外な影響

1日のはじまりにコーヒーを飲む人は多いと思います。

実際、トレンド総研の調査では「コーヒーを自宅で飲むことはありますか?」との質問に、87%が「ある」と回答しています。

最近ではコンビニでも気軽にコーヒーが購入できるため、毎日何杯もコーヒーを飲んでいる人は少なくないはず。

ところで、普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、からだにさまざまな影響を与えています。

実際にどのようなことが起きているのか、知りたくありませんか? イギリスのニュースサイト『Daily Mail Online』が報じた最新の情報から探っていきましょう。

■コーヒーが体に与える影響とは?

(1)まず集中力を高める

コーヒーを、仕事や勉強中の眠気覚ましに飲むことがあると思います。コーヒーに含まれるカフェインには、集中力を高める効果があるのです。カフェインが脳に伝わると、一時的に私たちの疲労感を止める刺激性があります。

これは、睡眠パターンを調節し、眠気を誘う体内で自然に発生するアデノシンという物質を遮断するため。

またハーバード大学の研究者は、コーヒーには落ち込みを抑え、気持ちを明るくする成分が含まれていることを突き止めました。コーヒーは脳のなかで抗鬱剤のような物質をつくるそうです。

ただしメリットだけではありません。脳は、時間の経過とともにコーヒーに慣れてしまい、効果が鈍くなります。カフェインには、少し依存性があるため、飲みすぎには注意が必要です。

(2)一時的に血圧を上昇させる

コーヒーは一時的に血圧を上昇させるので、血管が締まり心臓が激しく動きます。

医学用語で「血管収縮」という作用。短い時間の反応で、アドレナリンの放出で心拍数が上がり、通常は3時間から4時間後にはおさまります。

またコーヒーには、心臓病のリスクを低くするという研究結果もあります。

(3)利尿作用がある

コーヒーは、からだの代謝にも影響を与えます。膀胱を刺激し、腸の動きを活発にするため、コーヒーを飲んだ後はトイレが近くなるのです。

ほかにも胃液の分泌を刺激したり、コルチゾールと呼ばれるストレス感に関係するホルモンの放出を引き起こしたりします。

(4)性欲に影響を与える

2015年に米テキサス大学が行った研究によると、1日2杯のコーヒーを飲んだ男性は、勃起障害を抱えるリスクが約50%低い結果となったそうです。

また2006年の実験用ラットを利用した研究では、コーヒーがセックスホルモンを調整する女性の脳の領域を刺激することが明らかになっています。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11938186/



「勃起障害リスク半減」に反応して、この記事読んでしまいました。

おじさん、つらい??



健康

川崎の男子高校生がジカ熱に感染

 ブラジルから帰国した川崎市の10代の男子高校生が、ジカ熱に感染していることが確認されました。中南米で感染が拡大してから日本でジカ熱の感染が確認されるのは初めてです。

 ジカ熱の感染が確認されたのは、川崎市に住む10代の男子高校生です。高校生は、ブラジルに家族と観光で今月9日から20日まで滞在。20日に38度弱の発熱があり、帰国後に発疹の症状がみられたことから、24日に医療機関を受診しました。25日に検体を国立感染症研究所で調べたところ、ジカウイルスが検出されたということです。高校生は現在、熱が下がり、自宅で療養していて、ブラジルに同行した家族に症状は出ていないということです。

 ジカ熱は、「ジカウイルス」を持った蚊に刺されることで感染し、主な症状としては、軽い発熱、頭痛のほか、発疹や結膜炎などがあります。流行しているブラジルでは頭の小さな赤ちゃんが生まれる「小頭症」が相次いでいて、妊婦の感染との関連が指摘されています。

 日本では、2013年と2014年にフランス領ポリネシアとタイから帰国した男女3人の感染が確認されていますが、中南米で感染が拡大されて以降、日本で確認されるのはこれが初めてです。


記事URL
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20160225/Tbs_news_53545.html



 今は蚊の活動期ではないので、国内で感染が広がる可能性は極めて低いということですが、なんか心配ですね。

日本での感染が流行しないように願います。

健康

EDの改善は自宅でも簡単にできる?夫婦生活円満の秘訣について

以前聞いた話なのですが、ある女性の旦那さんの下半身の調子がよろしくないとのこと。

話を聞くと、これは世に言うEDという症状でした。

その旦那さんの年齢ももう40代後半だったし、その夫婦は子供にも恵まれたし、
夜の生活はあれば嬉しいけれど無ければ無いでいいかなぁとも思えると女性は話していました。


ですが、旦那さんが「男の威厳のためにも夫婦のためにも、ED改善したい!」というそうなので、
本人がそう言うのなら喜んでEDの改善に協力しようとのこと。

高齢になっても夫婦生活がある夫婦は何かと家庭も円満だと聞きますし、
これから始まるであろう更年期にも夫婦生活があると、いろいろな効果があるらしいです。


それでは、「どうやってEDを改善するの?」と旦那さんの意見を聞いたところ、
「いろいろ調べたんですけでど、自宅でも十分に治療できると思うから
当分は自宅でED改善に努めてみます。」、とおっしゃったそうです。


てっきり私は病院にかかってED改善薬でも貰って帰ってくるのかと思っていたので
面食らってしまいました。


ですが、自宅でEDを改善したいという気持ちもよくわかります。
一番は病院に行くのが恥ずかしいのでしょう。
40代後半といえども、まだお若いですからね。


さてさて、その旦那さまに、例えばどんなED改善をやっているのかと聞いてみると、
旦那さんが言うには

・食事を和食に切り替えたり、
・精力のある食べ物を食べてみたり、
・体が疲れないよう
・規則正しく生活したり、
・運動不足を解消するため適度に運動する、

と言っています。


そうですね、これらの方法はEDだけでなく、健康にもいいですし、
きっと続けていればED改善につながると思います。


もしもいまこちらをご覧の方がEDでお悩みなのでしたら、
ぜひ一度こういった自宅でできる簡単なED改善からはじめてみることを
おすすめします。



■自宅で1日わずか2分でEDを改善!!

詳細はこちらから → http://www.infotop.jp/click.php?aid=73&iid=52697




Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。