リオ五輪

日本サッカー、リオ五輪切符!久保先制、原川V弾!

サッカー男子のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU―23アジア選手権第12日は26日、カタールのドーハで準決勝が行われ、日本がイラクを2―1で下し、6大会連続10度目の本大会出場を決めた。

 日本は準々決勝のイラン戦から先発4人を入れ替え。股関節周辺の筋肉を痛めていたFW鈴木が復帰し、FW久保と2トップを形成。イランとの準々決勝では出番のなかったMF南野、DF山中らも先発するなどベストの布陣で臨んだ。

 前半、相手DFからボールを奪った鈴木が左サイドをドリブル突破してクロス。これを久保が滑り込みながら右足で合せ、日本は最初のシュートで先制。だが、同43分にイラクに同点ゴールを許し、1―1で前半を折り返し。

 後半に入ると、押される時間帯が長く続いたものの、イラクに得点を許さず、後半ロスタイムにMF原川が劇的な決勝ゴールを奪った。

 この世代の日本はイラクに対し、10年のU―16アジア選手権の準々決勝で勝利したのを最後に3連敗中だったが、五輪出場の懸かった大一番で見事に雪辱した。

記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11109997/


日本、おめでとう!!





Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。