相撲

琴奨菊が初優勝!「まだ信じられない」 日本出身力士は栃東以来10年ぶり

大相撲の初場所千秋楽が24日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、東大関の琴奨菊(31)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が豪栄道を下し、初優勝を決めた。日本出身力士が優勝するのは2006年初場所の大関栃東(現玉ノ井親方)以来10年ぶり。58場所連続で優勝を独占してきた外国出身力士の勢いを、ようやく止めた。

 この間に賜杯を抱いた外国力士は朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜らのモンゴル勢やブルガリア出身の琴欧洲ら。日本国籍を05年に取得したモンゴル出身の旭天鵬が12年夏場所で優勝しているが、日本生まれの力士は栄光から遠ざかっていた。

 単独トップで千秋楽を迎えた琴奨菊は同じ大関の豪栄道を突き落とし、14勝1敗とした。

 琴奨菊は相撲留学した高知・明徳義塾高から02年初場所で初土俵を踏んだ。11年秋場所後に大関へ昇進し、今場所は大関在位26場所目。


記事URL
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20160124/spo1601241741002-n1.htm


優勝おめでとう!!





Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。