アイドル

ほしのあきの近影、ギャル曽根がブログで39歳誕生日祝福。

タレントのギャル曽根(30歳)が3月13日、友人でタレントのほしのあき(38歳)の近影を公式ブログで公開した。

2011年9月にJRAの三浦皇成騎手(26歳)と結婚、2012年4月に第1子女児を出産したほしのは、現在、芸能活動は休止中。そのためメディアに露出する機会はほとんどないが、昨秋、友人でファッションブランド「Ninamew(ニーナミュウ)」プロデューサーの内田新菜さんがブログなどで近影を公開した際には、大きな話題になった。

この日、ギャル曽根はエントリー「綺麗すぎる38歳!」で、「明日であきちゃん、39歳」「いつ会っても変わらない綺麗で透明感のある、あきちゃん!!! 本当に若くてビックリします!!!」とコメントを添えて、ほしのの最新ショットを掲載。メディアで活躍していた頃と変わらぬ、元気そうな姿を見せている。

記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11290265/


あきちゃん、ひさしぶり。

相変わらず、カワイイネ。

アイドル

HKT48 指原莉乃がAKB48のレジェンドメンバーに歓喜

アイドルグループ、HKT48の指原莉乃が、AKB48の10年祭りに出演。多くの卒業生が参加した同イベントに歓喜した。

 AKB48に加入前から同グループのファンであった指原は、「ああ、感動した。何曲か客席で見せてもらったの。指原が好きだったAKBがいた。ちょっとだけ全国ツアーでみたAKB。劇場公演にならんで観たAKB。ああー胸がいっぱいだ」と喜び、そして、「指原はねぇ! 佐藤ゆかりさんにねえ! ゆかりんさんが当時好きだったしいたけのストラップを送ってねえ! ブログにのせてもらったことあるんだからね!!!!!自慢!!!!!!AKB入る前!!」とヲタ時代の思い出も綴った。

 また指原は、「10周年イベント、ともちんさん(板野友美)のレッスン着と横山(由依)のレッスン着が被るという事件発生」との舞台裏も披露していた。






記事URL
http://npn.co.jp/article/detail/97278965/

アイドル

KAT−TUN 田口淳之介が衝撃の脱退発表

生放送で衝撃の発表だった。

24日放送の日本テレビ「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2015」で、KAT−TUNの田口淳之介(29)が来春に脱退し、ジャニーズ事務所を退社することを発表したのだ。人気グループにいったい何があったのか。

 「僕、田口淳之介は来年春をもちましてKAT−TUNを離れ、ジャニーズ事務所を退所することとなりました」

 突然の発表に騒然となる会場。田口は続けて「30歳を目前にして、これからの人生の歩み方を考えた上で、自分の道を選択させていただきました」と説明した。

 赤西仁(31)、田中聖(30)に続き3人目の脱退。デビュー10年を来年に控え、浮かび上がるのはグループ内での方向性の違いだった。

 それは残るメンバーのコメントでも明らかだ。亀梨和也(29)は「グループの一員としては、なぜ今なのか。情けなく、悔しい気持ちです」とつづる。

 上田竜也(32)は「田口より同じ方向を向いて進めないという話が出ました」、中丸雄一(32)も「芸能活動に対する考えに大きな隔たりがあった」と語るなど、メンバーの中に埋められない溝があることが浮き彫りになった。

 田口は、フジテレビ系「リーガルハイ」など俳優として活動の場を広げている。プライベートでも女優、小嶺麗奈(35)との交際が2007年に週刊誌で発覚。今年4月には小嶺の母と3人で同居中だとも報じられた。将来的には結婚の方向で話が進んでいるとの情報もある。

 KAT−TUNの解散はないという。だが、30歳という節目を迎え、決断の時期を迎えている。


記事URL
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151125/enn1511251533018-n1.htm


アイドル

ももいろクローバーZの紅白歌合戦での演出にファン感激

“ももクロ”ことももいろクローバーZが、NHK紅白歌合戦で歌舞伎風パフォーマンスを披露した。

NHKのコント番組で内村光良から「傾く(かぶく)」指導を受けたもので、それを振り付けに取り入れたものだ。

また、インフルエンザで無念の欠場となったメンバー・有安杏果の“緑”を随所に取り入れており、テレビで応援したファンからネットで感激のコメントが書き込まれている。

続きは
http://news.livedoor.com/article/detail/9633931/

アイドル

「AKB48 37thシングル選抜総選挙」の投票開始

AKB48の「AKB48 37thシングル選抜総選挙」の投票が本日20日スタートした。

このイベントは、ファンの投票によって「AKB48」の37枚目のシングルの選抜メンバーを決めるもの。

第6回目となる今年は、過去最多の296人が立候補した。

立候補者はAKB48の37枚目のシングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー総勢80名枠へのランクインを目指す。

「AKB48 37thシングル選抜総選挙」の開票は、6月7日に東京・味の素スタジアムにて行われる。なお、21日には投票速報が発表される。

これで、しばらくはAKBネタで盛り上がる?

アイドル

中川翔子が“エロいしょこたん”に!? 新曲アー写で衝撃写真

 中川翔子が6月5日にリリースするニューシングル「続 混沌」のビデオクリップがGyaO!で公開。合わせてアーティスト写真も公開されたのだが、それが衝撃のセクシーさを醸し出している。

 前作「ホロスコープ」(2012年1月11日発売)以来、約1年5か月ぶりの新曲リリースとなる「続 混沌」。作詞に「創世のアクエリオン」やももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」などでも知られる岩里祐穂、作曲にORANGE RANGEの音楽プロデューサーとしても知られるシライシ紗トリ、ギタリストとしてROLLYという豪華な布陣を起用した。

 ビデオクリップにも登場するが、中川翔子は同曲製作に関連して“黒リボンミイラ”姿を公開。これは中川の一糸まとわぬ肢体に黒テープを巻きつけただけという、なかなかセクシーなショット。撮影では大きな囲いがセッティングされ、完全なる男子禁制で行われたという。中川には総勢10名以上の女性スタッフの手により、黒リボンが一本一本巻かれていき、まるでマネキンのようにピクリとも動けない辛い体勢での撮影だったが、苦痛に顔をゆがめることもなく1時間近く耐え続けたのだそうだ。

 “しょこたん”というキャラクターとは別に、「セクシー」「胸の谷間が絶妙」などとセクシーさもネットでは語られてきた中川だが、楽曲に合わせた“黒いしょこたん”も見ものといえる。本人は「なかなか色気が出てこないレベル28(=28歳)の私ですが、はたしてこの“黒リボンミイラ”は、エロいか、エロくないのか、ファンのみなさんにも聞いてみたいです」とコメントしているが、いやいやどうして、十分にエロいです。


写真はコチラ
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/rbbtoday_107697

かなりセクシーですね。
見て下さい。

アイドル

さしこ、HKT劇場支配人を兼任へ

オリコン2013年04月28日21時11分
AKB48と姉妹グループが総出演する『AKB48グループ臨時総会〜白黒つけようじゃないか!〜』の最終公演が28日、東京・日本武道館で開催され、HKT48の指原莉乃が福岡・博多のHKT48劇場支配人を兼任することが発表された。尾崎充・現支配人とダブル支配人体制でHKTを盛り立てていく。

 4日連続6公演が行われた武道館の最終公演も終盤に差しかかった場面で、AKB48グループ総支配人・戸賀崎智信氏から「春のメンバー人事」が告げられた。

 研究生からの昇格、姉妹グループとの兼任解除や新たな兼任メンバーが発表されるなか、指原はまさかの劇場支配人兼任発表にひざから崩れ落ち、「整理できない」と絶句。また、中国・上海のSNH48に移籍した宮澤佐江と鈴木まりや、インドネシア・ジャカルタに移籍したJKT48の高城亜樹が、AKBのチームを兼任することも発表されると、場内からは温かい拍手が沸き起こった。

 今回の人事発表に、総監督を務める高橋みなみは「いろんな改革が必要というか…久方ぶりに動揺している」と混乱を隠せなかったが、この日発表された5大ドームツアーに向けて「何かが始まる、何か成長すると思う。前向きに捉えて頑張って行きたい」と力を込めていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/7634134/

アイドル

「街角景気☆JAPAN↑」@株価でスカートの丈が変わるアイドルユニットが登場!

株価でスカートの丈が変わるアイドルユニット「街角景気☆JAPAN↑」が話題だ。景気(株価)とスカートの長さは関係があるようで、1960年代のいざなぎ景気の真っ只中スーパーモデル・ツィッギーの影響もありミニスカートが大流行。

その後オイルショックでミニスカート率が減少。空前のバブルでディスコブームが起きミニスカートが再燃。景気とミニスカートは密接な関係にあるという仮説を元に同ユニットは株価にライブのスカートの丈が変わるという。

デビューライブは平均株価が13000円を突破したということで、最初からスカート無しの状態でスタート。

黒木ひなこ、森カノン、桜雪、天木じゅんの4人。

黒木は「日本全体が笑顔とお金で溢れるように私たちのパフォーマンスや強い気持ちで街角から景気を盛り上げていきたいです」といい、森は「日本の街角を笑顔に、元気に、明るくしていきたいです。少しでも街角景気がよくなることを願って活動していきたい」とニッコリ。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130408/enn1304081131004-n1.htm


Powered by Seesaa