お笑い

山田邦子と渡辺正行が明かした『ひょうきん族』の裏側

お笑いタレントの渡辺正行と山田邦子が先日、『お笑いワイドショー マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演し、バブル期の人気番組『オレたちひょうきん族』(フジ系)の出演者たちの“下半身事情”を語った。

 当時はまだセクハラという言葉もなく、『ひょうきん族』の楽屋は男女一緒の大部屋。楽屋で男性芸人は裸で股間を揺らして歩き回るのが当たり前だったという。
 「ジュースと氷の入ったケースがあって、何を飲んでもよかった。氷が溶けて、ジュースがなくなってくると、そこに何秒入れるかとか遊んで、そこでちっちゃくなったそれを見て笑ってた」と山田。

 また渡辺は「ひょうきんベストテンの歴代女子アナは全員出演者のチンチンは見ています」。新しいアナが来ると「ようこそ、ひょうきん族へ」と全員が手をつないで、見せるのが儀礼だったそうだ。

 そんな中、一人だけ脱がなかったのが「一番モテた」(渡辺)と言う明石家さんま。


続きは
http://npn.co.jp/article/detail/00385396/

お笑い

年齢不詳のシルク姉さんが“20歳”の写真を公開

よしもとの美容番長・シルクがブログで20歳の時の写真を公開した。大学時代にロンドン留学していたシルクは、サッチャー元首相が亡くなったことから当時を思いだしてその写真を引っ張り出したようである。

シルク姉さんの20歳の写真にはお目にかかれないだろう。
『よしもとの美容番長シルクのブログ「べっぴん日記」』では、4月8日に87歳で亡くなったサッチャー元英首相に触れている。

ある日、学校の帰りにウエストミンスター地区のダウニング街10番地に行ったシルクは、報道陣が囲む黒い車に乗る金髪のご婦人を見た。「お〜、サッチャー首相!!」と周囲で歓喜の声が沸いたという。

「サッチャー元首相のご冥福をお祈りします」と故人を偲んだシルクは、「ちなみに20歳の私です。もちろん聖子ちゃんカット」とレストランで食事する写真を掲載した。

シルクは「若い頃はブスだった」と話すこともあるが、そんなことはないようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/7578213/

お笑い

三浦マイルド、R-1効果で仕事激増を報告!

[シネマトゥデイ映画ニュース] より

「R-1ぐらんぷり2013」で優勝した三浦マイルドが20日、都内で行われた「ぱちんこウルトラタロウ 暗黒の逆襲」の先行展示会イベントに、優勝を争ったヒューマン中村らと共に出席、R-1後の生活を明かしたほか、中村と舌戦を繰り広げた。

この日のイベントには、2010年のR-1チャンピオンであるあべこうじや岩橋良昌、鈴木Q太郎、そしてSKE48の佐藤聖羅も出席した。


 優勝後初のイベント登場だといい、終始緊張気味だった三浦。「出演者なのに舞い上がってしまって」と苦笑いと共に語るなど、人気者の立場にはまだ慣れない様子。優勝以後は「完全に世界がひっくり返ってしまった」といい、風邪をひいたとこぼすだけで周囲が走り回って薬を買いに行ってくれるようになったと優勝後の生活の変化を明かした。

 一方で先輩芸人から「今ほえると生意気といわれるから謙虚でいろ」とアドバイスをもらったといい、基本は謙虚を心掛け、優勝後も天狗と思われないよう注意していると明かした三浦。しかし会見では、ヒューマン中村から「三浦さん、最近、後輩にエラそうなんですよ」と突如攻撃される一幕も。

続きは
http://www.cinematoday.jp/page/N0050404


一発屋で終わらないでほしいですね。



Powered by Seesaa