オヤジが気になるトレンドニュース! > 日記 > 茨城女子大生殺害 フィリピン国籍モリ容疑者を逮捕

日記

茨城女子大生殺害 フィリピン国籍モリ容疑者を逮捕

茨城県美浦村で遺体で見つかった茨城大2年、原田実里(みさと)殺害事件は、13年の歳月を経て捜査が解決へと動き出した。

県警は殺人容疑でフィリピン国籍の工員、ランパノ・ジェリコ・モリ容疑者を逮捕した。

共犯とされる2人は国外逃亡中で、真相解明にはまだまだかかりそうだ。

この事件は不可解な状況が、捜査を難しくする一因ともなった。

原田さんは30日午後9時ごろに帰宅し、当時農学部4年だった友人の男性と食事した。

男性は酒に酔ってうたた寝したが、31日午前0時ごろ、原田さんが部屋を出ていく物音を聞いた。

しかしトイレだと思い、再び眠ったという。

翌朝になって、男性は原田さんが帰宅していないことに気付いた。

原田さんは視力が0.1程度しかなかったのに、めがねもコンタクトレンズも室内に残し、携帯電話や財布も自宅に置いたままだった。

帰宅した30日午後9時以降、携帯電話での発着信やメール送受信の記録は残っていなかった。

県警は延べ約3万4千人の捜査員を投入。

元県警関係者は「それでも長期間、犯人に近づけなかった。

よく逮捕した」とほっとした様子を見せた。

モリ容疑者らが犯行に及んだ背景や詳しい状況や原田さんとモリ容疑者らとの接点の有無など解明すべき点は多く残されている。

茨城県警は国外逃亡中のフィリピン人の男2人を国際手配し、全容解明を急ぐ方針だ。

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。



<<1商品で942万円稼ぎ出す仕組みを知りたくありませんか? | オヤジが気になるトレンドニュース!トップへ | 桐生祥秀 ついに出た 9秒98!>>



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。