オヤジが気になるトレンドニュース! > 話題 > ジョン・レノンとポール・マッカートニーがハモった奇跡

話題

ジョン・レノンとポール・マッカートニーがハモった奇跡

ジョン・レノンとポール・マッカートニーが1本のマイクで歌っている。

公開中の映画「ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK」。ビートルズのライブ活動を追ったドキュメンタリー作品のワンシーンだ。

曲は「ベイビーズ・イン・ブラック」。ビートルズの4枚目のアルバム「ビートルズ・フォー・セール」からの1曲だ。

2人が強烈なボーカルをぶつかり合わせるようにしながら、寄り添い合って絶妙なハーモニーを聴かせる。


ビートルズ史を勉強できる本編が終了すると、特典として、65年8月に米・ニューヨークのシェイ・スタジアムでライブの映像が上映される。

フィルムは、スーパーハイビジョン「4K」リマスター処理が施され、驚くほど鮮明な映像に変容していた。

絶叫や号泣がすさまじいライブが進んでいき、7曲目に「ベイビーズ・イン・ブラック」となる。

ライブでは基本的にジョンが向かって右、ポールが向かって左の位置で歌うが、この曲では2人が1本のマイクに集まり、顔

を寄せ合って歌う。その姿を目にした感動をどう表現したら良いだろうか…。

ビートルズの熱烈な全員、分かってくれるだろうが、人には理解してもらえないだろう。

あのジョンと、あのポールが、1本のマイクでハモっている。
これは、ビートルズを愛する者にとってそれくらいインパクトの強い場面なのである。

2人が英国・リバプールで出会わなければ、ビートルズは存在しなかった。

ビートルズが存在しなければ、生まれなかった名曲がたくさんある。

ビートルズの名曲の数々がなければ、日本の音楽史も変わってだろう。


元記事URL
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/14/kiji/K20161014013528800.html




<<中村静香、新作イメージ作の「浴衣ポロリ」にファン興奮! | オヤジが気になるトレンドニュース!トップへ | 堤礼実のムチムチヒップにファン釘づけ! 思わぬセクシーショットで注目度上昇>>



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。