オヤジが気になるトレンドニュース! > 映画 > 樹木希林が日本アカデミー賞で衝撃告白

映画

樹木希林が日本アカデミー賞で衝撃告白

第36回日本アカデミー賞の授賞式が8日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた。

「わが母の記」で最優秀主演女優賞の樹木希林(70)は、受賞の喜びとともに「全身、がん」だと述べ、闘病していることを告白した。

04年に乳がんが見つかり、手術したが、その後転移したとみられるという。

沢尻エリカら優秀主演女優賞の受賞者を持ち上げ「私なんかじゃなく…エリカ様にあげたい」と恐縮してみせた後、告白が飛び出した。

冗談とも本気ともつかぬ“希林節”で「まあ、それは来年また考えればいいか」と、笑いを誘うように続けた。

04年に乳がんが見つかり、全摘出手術を受けた。
一度は完治報告したが、その後全身に転移。転移箇所は明かさず「医者に行くと、また(別の箇所が)見つかるから行くのはイヤなの。これくらいの年の人間は、一つや二つは持っているもの。精密な機械だと、見つかっちゃうのよ」と笑った。


病状は落ち着いており、深刻ではないとしている。

驚きです。
でも、腹の据わった人ですね。


<<壇蜜「女食い」で第2ステージ突入! | オヤジが気になるトレンドニュース!トップへ | 日本一幸福な田舎を探せ!>>



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。