日記

トマトを食べたら中からイチゴ! 中国で驚きの投稿

2008年9月、イギリスで中に“イチゴ”が入っているトマトが確認され話題を呼んだが、中国でもこのたび同様のトマトが投稿され、ネットユーザーを驚かせている。

新浪微博のユーザー・王小文さんは先日、「お昼にトマトを食べたんだけど、ひと咬みしたら中からイチゴのようなものが出てきた! これ、食べても大丈夫なの?」という驚きのコメントと写真を投稿した。

真っ赤なトマトの真ん中に赤い“イチゴ”のような物が写っている。

結局このユーザーは食べないで取っておくことにしたようだ。

ちなみに、この“イチゴ入りトマト”は、専門家によると、トマトの成長過程で水分や養分が不足していたり成長ホルモン剤などを投与したりすると、ごくたまにこのような奇抜なものが突発することがあるという。

記事はコチラ

日記

坂口杏里の恐喝未遂逮捕・全真相

タレントの坂口杏里容疑者(26)が、交際していたホストの30代男性から現金を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂容疑で逮捕された事件が波紋を呼んでいる。

「“逮捕”したので来てください!」。

坂口杏里容疑者(26)を“逮捕”したのは、警察官ではなく、驚きのホストの彼氏だった。

「いわゆる“常人逮捕”。

現行犯の場合だけ、一般人も犯人を逮捕できることが刑事訴訟法で認められている」(捜査関係者)。

なんか、良く解らないので“常人逮捕”を検索してみると。

刑事訴訟法第213条。

第213条(現行犯逮捕)。

 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

【解説】。

現行犯人の逮捕は、司法警察職員に限らず、逮捕状がなくても一般人でも行うことができるとされている。

常人逮捕(私人逮捕)は,犯人が現に犯行を行っているか、行い終わったところに限る。

現行犯については逮捕して身柄を確保する必要が高い上に、誤認逮捕のおそれがないためである。

また警察官その他の司法警察職員であっても、休暇中など勤務時間外は私人である。

逮捕後は直ちに司法警察官に引き渡さなければならない。

お巡りさんじゃなくても現行犯逮捕出来るんだ。

このことを常人逮捕って言うのか。

こんなこと初めて知ったよ。

記事はコチラ



Powered by Seesaa